症例別メニュー

よもぎ蒸し?YOSA?コラーゲンマシン?温活に一番いいのは?なに?宝塚

どれを選べばいいの?何を基準に選ぶの?そんなことを解説していきます

女性の悩み、冷え、低体温にまつわる温活情報をお届けしています。

この現在は比べることをして、どれがいいか、どれが合わないか・・・


 皆さん色んなことに彷徨いながら自分のケアをしていっていると思います。

どれがいいじゃなくて

体の状態がどうかが大事なんです

では続きは動画をご覧ください

絶対ひきたくない 風邪 インフルエンザ最強入浴法!宝塚市 整体 宝塚ケアサロン

絶対ひきたくない!風邪をひかないためのお風呂の入り方

「毎日お風呂に入っていても

実は9割の人の入り方は間違ってるという統計らしいんですが

、僕的には7割ぐらいの患者さんがえ~って感じなんですが

今日は風邪をひく人、ひかない人の差をご紹介していきたいと思います。




なぜお風呂なのか?

なぜ!こんなにも体を温めることが大事なのかというと

それは風邪やインフルエンザの原因の9割以上、ほぼほぼウィルスだからで

しかも、こんなにも医学が発達していても、

現在のところ風邪、インフルエンザ、風邪ウイルスに効くお薬は開発されていません。

効くお薬がないなら、どうするかというと

風邪薬を飲むと風邪は治るとおもっている方がいますが

本当のこというと押さえているだけで、治しやすいようにしているだけになります

なので

治すのは自分の免疫力しかないので

ひかないために免疫力をあげる

ひいてしまったら早く治すため、長引かさないための免疫力をつける

これしかないというわけです

風邪薬の目的は風邪を治すことではなく、風邪の症状を緩和することなので、

風邪に効く薬がない!だからこそ免疫力をあげなきゃいけない

ということです。

そんな場合でも、やはり免疫力を上げる方法として

湯船につかる

なんですが、ポイントがあって、

効率的なお風呂の入り方をしないと

かえって風邪をひいてしまったり、免疫力を下げてしまうことがあるので

他にも免疫力だけじゃなくて


1 ぐっすり眠れる

2 美肌・美髪になれる

3 冷え性が改善

4 むくみがとれる

5 肩こりや腰痛が軽減

6 風邪予防になる

7 ストレス解消&リラックス

8 体臭を防ぐ



みたいな効果もあるので是非

ポイントを頭に入れてこの季節を乗り切ってください。



お風呂の正しい入り方

まずは環境を整えることから初めてください。

【40度もしくは41度のお風呂に15分入る】こと

このルールの根拠は「身体の内側の『深部体温』を大きく上げ、急降下させると熟睡につながる」

「40度、15分の入浴で深部体温は0.5度アップする」のふたつ。

注意点は「湯船の温度は湯沸かし器の温度設定や感覚に頼らない。

水温計で必ずはかること」。で

長く浸かっていたいと思う方もいると思うのですが

「15分より長く浸かっても血流量は変わらない」そうです

そして環境の注意点として

お風呂場に扇風機などの風は厳禁です・

なぜかというと、「気温差があると血圧が変動しやすくなって危険」

「風が肌に当たると、身体が熱を奪われて冷えてしまう」。

それともう一つ

「浴室からリビングまでの温度はできるだけ一定に」してください。

1 かけ湯をする

入浴前に洗面所で化粧を落とし、かけ湯をしながらおしりを洗う。

2 「あぁ~」と言いながら湯ぶねにつかる


腰までつかり、ひと呼吸してから、ゆっくりと声を出しながら全身つかる。

3 はじめの湯ぶねは5分以下

最初はこのくらいで十分。

4 髪を洗う

冬場は足湯をしながら洗髪すると、体が冷めない。このあと顔を洗う。


5 15分湯ぶねにつかる

追い焚きや足し湯で40度か41度に温度を上げて、15分の「本番入浴」。

6 シャワーで体の汚れを落とす

首元や日焼け止めを塗った腕や足、皮脂や汚れの多いわきや足うらをせっけんで洗う。


7 タオルを浴室に持ち込み、体をふく

手にとりやすい場所においておいたバスタオルを浴室に持ち込み、体をふく。

8 浴室内でボディケア

浴室内で保湿剤を塗るなどのボディケアをすませる。



普段シャワーのみですませている方は、15分湯ぶねにつかるのが最初は慣れないかもしれません。

でも、とりあえず一度試してみてください。

関連動画

【温活】40代以降に始める体温め習慣で冷え、低体温 不調を乗り切ろう

風邪 インフルエンザ 予防 何がなんでもひきたくないあなたに