症例別メニュー

宝塚市 交通事故むちうち治療でお困りの方「事故にあったらまず」宝塚南口徒歩4分

宝塚市で交通事故に合われた方、むちうち、事故の痛み、ケガなら当院、宝塚ケアサロン鍼灸整骨院にお任せください。0797-74-2771 宝塚南口駅徒歩4分の宝塚ケアサロン鍼灸整骨院です。

お気軽にまずはお問い合わせください。

事故に遭ったらまず「何をすればいいの?」

絶対です!これは絶対的に必ず、警察を呼んでください。

もし加害者になる可能性があっても、自ら警察を呼んでください。

自分たちだけで問題は解決することは避けてください。

その起きた事故に対しての交通事故証明を申請します。

たまに交通事故をした同様などで、その場で済ませてなかったことにしようとする人や

逃げて行くように走りさる方もいるようです。

そのときは冷静にはなれない方も多いですが

事故の状況等を第三者から見た見解などが大事になりますので警察に判断を任せましょう。

必ず、警察を呼んでください。

もう一度言いますが、加害者であろうが、被害者であろうが

必ず、警察を呼んで事故の処理を行いましょう!

警察を呼ばないで!と言われたら

「呼ばないで」と言われたときは「今から警察を呼びます」か

もしくはナンバープレートをまず確認しましょう。

呼ばないということは、警察を呼べない理由があり正当な理由は存在しないからです。

①「警察を呼ばないで」には、絶対にNO!と言ってください。
②また事故を物損扱い等にして欲しいという方にも、答えは絶対にNO!と言ってください。

よく患者さんで物損扱いでいい、こちらも悪い気がして・・・など

自分の心理面だけで返答される方も多いみたいですが

それはどのような事故でどのような程度かなどは警察の方が決めるのであなたの心理面は関係ありません。

大事なのは第三者の意見になります。


物損扱いになるデメリットは?
 この物損扱いにしてしまうデメリットがあります。

・後遺症が残った場合(ケガの程度にはよりますが)逸失利益や慰謝料が支払われない。
・そのときはすぐ治るだろうと思っても思ったよりも治療が長引いて、その後から損害賠償を請求しようとしても損害賠償ができない。
・症状があるにも関わらず早期に相手側の損害保険会社に通院を打ち切られちゃんとした治療が受けれない可能性がある。

相手からどんな情報を聞けばいいの?

相手から聞き出したい情報をまとめましたので参考にしてみてください。
①相手の車のナンバー等をメモにしておく

※最近ではすぐにペンなどがない場合があるときはスマホ等でメモしておく

②運転免許書の情報(氏名・住所等)

これは警察の方がこられた場合も控えてくれますが、個人的にもメモしておくこともいいでしょう。

③事故の状況写真(車・道路)

これは冷静な状況じゃないと無理かと思いますが、車の状況、どこに当てられたとか、車の破損状況等大事になりますので写真をとっておくことです。

④相手の保険会社名と連絡先

これはその後の治療に必要となりますので必ずメモしてください。

事故した相手の情報を得る事は、非常に大事なポイントとなりので、被害者、加害者関係なく情報は大切となります。必要最低限のこの情報はその場で貰いましょう。

では事故した後の治療はすぐに受けられるの?について

治療を受ける前にしておきたいことは?なに?となりますが

まずは必ず保険会社へ連絡を入れてください。

もし土曜日や日曜日の場合は、保険会社さん(治療の費用を変わりに出してくれるところ)は平日しかやっていないので翌日で大丈夫です!

手順的には

①ご自身の加入している保険会社へ連絡する

②相手の加入している保険会社へ連絡する

※ここで通院する整骨院、診断書をもらう整形外科を決めておくことをオススメします。

宝塚市の方であれば当院は夜21:00まで、土日祝もやっているので働いている方などにも通院がしやすいかと思いますので気軽にご連絡ください。

③双方の保険会社に、治療を受ける事を伝える

④整骨院への通院を開始する

⑤整形外科にて診断書を貰う

ここで注意していただきたいのが、忙しいからと言って事故が起きてから、1ヵ月間以上が空いてしまうと治療を受ける事が出来なくなってしまう可能性があります。

また1か月後からすごい辛い症状が出たケースなどもあり、そのときに

「通院したい」と言っても事故との因果関係がないと言われることもありますので

すぐに通院、治療を初めてください。

必ず、双方の保険会社に治療を受ける事を伝えましょう!

同乗者(助手席や後ろの座席)がいる時も同様に、治療が必要な旨を伝える事が大事です。

自分は軽傷で済んだとしても、同乗者の方のほうがひどいこともありますのでしっかり治療することをオススメします。

「大したことはない」と思っていても、意外にも重症化したり後々違うカタチで症状が出る場合はありますので、自分で判断されないで、しっかり専門的な人に見てもらってください。

事故に遭ったら専門家(医師・柔道整復師など)の診察を受けることが大切です。

知っておきたい!大切な体を守るための事故のマメ知識

①通院する整形外科や整骨院は、いつでも変更出来ます。あれ?なんだか効果ないとか疑問がある状態では治療も進まず改善への道から遠のくことがありますので、安心して治療を受けるためにも、変更が出来るということを覚えておいてください。

また気になる院の様子やほんとに合うか合わないか・・・

みなさんの不安は当たり前です。体を任せれる場所なんですから

①サービス内容

②治療技術

③予約、診察時間

④待ち時間

様々な内容が院によって変わります。
ご自身が満足出来る整骨院や整形外科を探しましょう!

もし通院に疑問があった場合はすぐに転院しましょう!