症例別メニュー

宝塚南口 椎間板ヘルニアの痛み・しびれには

当院は皆様に起きた日常の不調、痛みを解決する、体の専門家

気軽に相談できるから安心、かかりつけ院です。

  • お尻から太ももの裏、かかとにかけてジンジンとした痛みと痺れが出ている
  • 痛みが強くゆっくり眠れない 治らないので苛立ち抱えながら生活をしている
  • ロキソニンを飲んでいるが効果が薄い
  • 周りの人達に迷惑をかけてしまっている
  • 病院でコルセットと薬を渡され安静にしているが改善しない
  • セカンドオピニオンを考えている
  • 立っても、座っても楽な姿勢がない
  • 今までなら意識しない動作でも痛みが出る
  • 整形外科や整骨院に通ったが全く改善されなかった

整形外科に行っても良くならなかった方や、湿布を貼ってもダメ!

手術しかないと言われた方

当院、宝塚ケアサロン鍼灸整骨院ではそんなお困りを全力で施術します。

大事なのはヘルニアの根本的解決

このページをお読みになっていると言うことは病院へ行きヘルニアと診断され、病院でお薬や

手術しかないと言われ湿布を渡されたのではないでしょうか?

そしてなかなか痛みが改善されないことに不安や苛立ちを感じているのではないでしょうか?

通院しているのに・・・あなたのヘルニアが

なぜ改善しないのか?それはヘルニアになってしまった

根本的な原因に適切に施術されていないからです

それがあなたのヘルニアが改善されない一番大きな理由と当院では考えております

ヘルニアになるのは腰が原因ではない!

これがわかれば解決できる可能性がUPする

症状がある場所が原因というのは大きな勘違いで

レントゲンやMRIなどで画像を見たりするため『腰が悪いのだ』とついなってしまい、

病院や整骨院で施術し腰の周りの筋肉をマッサージで緩めたり

電気を当てたり温めたりされている院がほとんどです。

ヘルニアになってしまった患者さんにはある共通点があります

それは本当の原因は座り方や歩き方などの姿勢の歪みやクセが

腰の部分の骨、関節、骨盤の歪みズレが作りヘルニアになってしまった方が多いということです

また運動の不足による筋力の低下や、日々の生活や重労働で体の筋肉が徐々に固まってしまい、

足の関節や膝の関節、股関節が微妙なズレを起こし骨盤の歪みを生じさせヘルニアになってしまった方です。

割合で言いますと97%の方々がヘルニアになった原因が腰にはなく、

腰以外の他の部分に原因が起こっているのです。

そしてヘルニアと診断されたほとんどの方が、

日頃からの姿勢が悪く、ご自身でも姿勢の悪さを感じられている方でした。

だからこそ、腰を念入りにマッサージしても、

腰の周りの筋肉や足に電気を当てても一向に痛みが改善されないのは

本当の原因にアプローチができていないためだったのです

40代男性会社員の方の場合

「筋肉痛だと思っていました・・・」からのヘルニアへ

腰椎椎間板ヘルニアと整形外科で言われた。
10日前から腰が少し違和感があり、その後痛くなって

Youtubeで腰痛体操や一発で治るストレッチと書かれている
ストレッチをして過ごしていました。

そのおかげで徐々に腰痛はマシになってきて「あっ!」治ってきたかなと感じていました。

そうしているといつもみたいに右の太ももの裏がストレッチをしようと

したときにピリっと痛み?しびれみたいのが出てきて
「ストレッチのやりすぎ?」の筋肉痛だと思って整形外科でもらった

湿布を貼って過ごしていて
次の日になると動くたびにピリっという感覚と、重たい奥の方が痛む感じで

いつもより太ももの裏とお尻、腰が痛くて

普通に歩けていたのでひどい筋肉痛と寝方が悪かったのか?だと思っていました。

「なんで?」なんだろうと・・・

昼頃になって右腰と膝裏までジーンとだる重たい痛みが
歩けなくなりました。
すぐ近くの整形外科に妻に抱えられ必死の思いで行った
腰の痛みの原因は椎間板ヘルニアと診断され
レントゲンを撮ってヘルニアはわからないのでは?と不信に思いながら

経過を見て、薬飲んで、治らなかったら手術をしましようとあっさり言われました。

※同僚にヘルニアはMRIじゃないと映らないと言われていたため

ロキソニンと湿布をもらって帰りました。寝ていようと思ったんですが
横になると腰が痛くて寝れず、椅子に座っていても痛み
うつぶせが一番マシでした。

何が悪かったのか?杖を使って歩くとか格好悪いけど仕方ないし

病院では原因は腰からだ!と言われた。

だから?・・・ってこんなに痛みが続くとなるわけです

 

この方の例でいうとほんとの原因をさぐることが大切

①座り仕事で椎間板の変性が起きていたということ

②営業で歩き回る際に革靴という体の衝撃が体へと負担になる

③靴がいつの間にかすり減り体のバランスが悪くなっていたこと

④睡眠の質が悪く、本来人間は、「寝たら治る仕組み」をもっています

それが著しく自分の無意識のうちに溜りにたまる

⑤結果、体を修復できない体になる

⑥腰の循環、血液が滞る

⑦自分で治す力がなくなり痛みが発生する

この仕組みが体に起こり体は警告を出します。